SPビル


【分類】企画コンサルティング・建築設計
【物件名】SPビル
【物件内容】店舗兼マンション(店×1・M×17戸)
【施工場所】那覇市首里平良
【企画内容】所有土地に再建築
【目的】相続対策 同時並行として

【経緯・コンサルティング内容】
土地有効活用&資産形成のバランス性も活かすというコンセプト。土地が約800坪、建物595坪+平屋住居47坪=642坪を新築。ポイント、計画前は戸建住宅・某銀行平店舗・店舗兼アパートの三棟が建てられており、それぞれが独立した建物で好立地、好条件を最大限に活かされてなった事に加え、相続という大きな問題を抱えてました。そこで先ずアパート入居者へ対し、建物老朽化を理由に立ち退き交渉。同時に敷地内にある某銀行へ対し、地主様の土地有効活用提案書の説明を行い理解を得る。その後、銀行裏の駐車場に再建築後の現在の店舗面積を約2倍の面積確保する交渉も成立。移転計画を説明し理解を得る。後は、その広大な敷地内で老朽化のアパート解体。その場所は銀行臨時駐車場として使用。敷地奥へ住居新築、家主様に移転して頂いた後、旧家を解体。その後、新たにビル建築、1階141坪・3LDK(17戸)4階建を完成させ銀行の移転を行った。旧銀行も解体し敷地全体を整備した後、引き渡し完了。金融公庫と銀行融資をバランス良く活用し、満室御礼。